INTRODUCTION

実行委員代表あいさつ



MOUNTAIN CIRCUS 2 TANZAWA (以下MC2Tと略)の開催にあたって今年(2013年)の初頭の1月に芦屋・六甲で行われた「One Sky」というアウトドア・イベントの後、かの有名な「おとめ塚温泉」の露天風呂に浸かりながら、

「何かヤバい、トレイル・ランニングイベントやりたいっすね。」

という SHMW代表のタクちゃんの提言から、皆で意見を出し合い、従来のトレイルランニング・イベントとは一味違う、総合的なマウンテン・スキルを問うようなマウンテン・ランニング・イベントをやろう!ということになりました。

また、せっかくやるなら、日本全国津々浦々、各ローカルのメジャーではないながらも素晴らしいトレイルを掘り起こして、各地で開催できるようにしたいという意見も相次ぎました。

そして、記憶にも新しい第一回のマウンテン・サーカス六甲は、SHMWとMRHCの絶妙なチームワークと、彼らが日頃走りこんで知り尽くしたホームトレイルでもある六甲の素晴らしさとが相まって、参加者からも「素晴らしいイベントだった!」と絶賛の声が上がるほど成功したマウンテン・ランニング・イベントとなりました。

さて、第2回目となる今回はいよいよ関東での開催です。

ROD!!のメンバーとは以前から、関東の都市部からもアクセスの良い南高尾周辺でトレラン・イベントをやりましょうということで、やり取りをしていましたが、グラスルーツ的なステルス・イベントとはいえ、 トレイルをかなり知り尽くした南高尾界隈でもルートの選定や会場の確保の点でも容易なことではなく、難航していました。

しかし、今回は南高尾から、自分自身のプレイ・グラウンドでもある比較的ハイカーの少ない北東丹沢界隈にターゲットを移して、

「変化に飛んだ素晴らしいルートで、かつ紅葉シーズンの週末でもハイカーとコンフリクトを最小限に」という容易でない条件を満足する素晴らしいルートを、ランブラーさんを中心にROD!!とトレイル鳥羽の方々とも下見を重ね、選定をすることができました。

また、ROD!!のメンバーを中心とし、トレイル鳥羽ちゃんやMRHCの方々、その他にも多くの方々に協力していただいてMC2Tを組織的に準備する委員会を発足させ、皆さんの素晴らしいチームワークの元、着々と準備が進み、ここにMC2Tを開催できる運びになりました。

準備に関わった全ての人達の今回のイベントを成功させようという熱い情熱と献身的な努力に敬意と感謝を表したいと思います。ありがとうございます。

後は、ルートの自然に敬意をはらい、ロー・インパクトを心がけ、皆さんくれぐれもケガと事故の無いよう、存分にトレイル楽しんで下さい!

Happy trail!
Oct. 2013
Jotaro Yoshida

大会コンセプト

地図読みやルートファインディング等のマウンテンスキルを問われ、それらを活かせるマウンテンレースの開催。

日本各地の地元の山を紹介し合い、山を楽しむ仲間達との交流を深める機会と場を作る。