RULES


RULE:1

各チェックポイントは順番どおり回り、係員のチェックを受けてから次のポイントに向かってください。チェックが無い場合は失格となる場合があります。


RULE:2

トレイルコースからはずれることを禁止します。自然保護上必要な箇所には、追い越し禁止、その他の制限を設定します。


RULE:3

コース上および全区域で動植物、菌類、岩石などを採取、損傷することを禁止します。


RULE:4

コースの角をショートカットすることは、植生にダメージを与えるので禁止します。


RULE:5

ゴミは絶対に捨てないでください。


RULE:6

コースには簡単な岩登り・沢登りをする箇所も存在します。迂回ルートもありますので、各自の技量に見合ったコース取りをお願いします。


RULE:7

ルートは記録会当日の天候等で変更になる場合があります。


RULE:8

コースクル―の安全判断により、選手に対して記録会の中止を宣告する場合があります。中止宣告を受けた選手は速やかにコースクル―の指示にしたがって行動してください。


RULE:9

鎖場、ロープのある区間での追い越し、煽り行為は禁止します。鎖場、ロープでは1本につき1人が触れている状態を保持し、先行する選手の使用が終わるまで待機してください。

一般利用者、他の大会参加者への配慮について



記録会中、ケガ、病気などで身動きできないランナーと遭遇した場合は、その救助を優先してください。


記録会を支えてくれる関係者や地元の人々、ボランティアに対する感謝の気持ちを忘れないでください。


コースは大会で占有をしているものではなく、一般利用者も使用していることを十分に理解し、その通行を妨げてはいけません。 その他の場所でも、安全な場所で走らず歩いて追い抜いてください。
追い抜く時、すれ違う時には挨拶を忘れないでください。

補給、エイドステーション、選手サポートについて



コース中間地点に選手1名に水500mlと少量の軽食を用意しています。途中にある山小屋での飲食物の購入は制限しません。


選手サポートについて: 居住地域差による差が出ないよう、コース途中でのサポーターからの飲料、食事、荷物の受け渡し、マッサージ行為は禁止します。それ以外は制限しません。

必須装備


着替え用シャツ、ショーツ、ソックスの3点セット


渡渉時に転倒した場合の着替えとして。
※防水袋(ジップロック可)に入れてください。


ヘッドライトまたはハンドライト


当日は16時30分から日没がはじまります。

推奨装備



防水ソックスかウールの厚手のソックス


渡渉が複数個所にあり足がとても冷える為、上記の保温に優れたソックスの用意を推奨します。
渡渉区間が終わった際にはコーススタッフがグラウンドシートを用意してソックスの履き換えがしやすいようにします。


グローブまたは軍手


長いトラロープや鎖場を移動するポイントがある為。

SCHEDULE

大会の詳しいスケジュールはこちら